平素より、当社への格別のご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございます。

はじめに

最近ではAI技術の進歩による運転支援装置への関心が高まっております。その進化、普及は皆様方の知るところです。
近未来においては、自動運転車両も一定の普及を見ることが出来ると思われます。自動運転が主流となって一般化されている交通社会と現状との間の時間を、自動運転混在時代である、仮に「過渡期」として少々考察してみたいと思います。

この「過渡期」においては、限定領域での自動運転が実現し、一般道路では歩行者から自動運転車まで様々な交通参加者が存在する混合交通の状況が想定される。身近な交通環境では、全ての交通参加者が「自動化」に対応しているわけではなく、また、手動運転車はもちろん、自転車や歩行者が道路上に無くなることも考えにくく、現状と大差無い交通環境が、かなり長期間続くものと考えられます。

こうした想定には、自動運転の技術開発や社会的受容性の課題がまだ大きく、法的・心理的にも様々な問題が存在していることが背景にあります。

技術的には、限定領域での限定的な条件(気象や路面状況など)の下では自動走行が実現しても、多くの歩行者や自転車、二輪車などが行き交う交通環境では、そうした交通参加者を正確に認識する技術は、まだまだ難易度が高く、法的にも事故を起こした際の責任の所在において未解決な部分があり、国際的に検討中です。

さらにドライバーの心理においても、システムへの過信や怠惰、依存などの懸念があり、そして、自動運転自体を恐怖に感じる社会に対し、受容性を高めていくという大きな課題も残ります。

これから先進安全技術車などが普及するにつれて、こうした「過渡期」の課題に対応する教育が、自動車教習所に求められるものと当社は考えております。

すなわち、先進安全技術車等に関する知識や、過渡期の交通環境に生じる新たな問題への交通参加者(自転車や歩行者)の対応、そして新たな課題として注目される運転者の心理的な教育であります。

さらに敢えて加えさせていただきますと、自動運転を制御するコンピュータは、その仕組み上、いつ何時ハングアップして操作不能になるか分からない危険性を完全に排除することはできず、万が一の際には自動操縦ではなく、手動操縦する必要があります。

つまり完全自動運転車が開発されても、運転免許は無くならないのです。

相当長く続く「過渡期」があるかぎり、今まで通りに人が積極的に交通安全行動をしなければならず、交通事故の防止は、国民一人ひとりが交通道徳を高め、交通のルールを正しく守って、交通事故を防止しようという自覚と実践が伴わなければ、その目的を達成することはできません。

私たちは初心運転者の無事故無違反を願い、優良運転者の育成こそが最も重要であると信じています。今後も引き続き、よりよい教習を目指して参りますと共に、地域の交通安全センターとしての役割を果たすため、社員一同できる限りの社会貢献をします。

応募をご検討頂いている皆さまへ

当校のモットーは「明るく」「楽しく」「親切」な教習所を目指しております。

職場は職員同士の仲が良く休みの日に遊びに行ったり、美味しいものを食べに出掛けたりと、決して威圧的な態度の先輩はいないと断言できます。なお、校舎内も改装しておりカフェ風の明るい雰囲気で過ごせます。

入社後は、先輩職員から親切丁寧に指導を受けることができます。
必要な知識を身につけ、教習指導員となるための指導を受けながら、準備されたカリキュラムに沿って、自分自身の運転練習や必要な知識を身に付けるための勉強をし、合格すれば教習指導員としての仕事が出来ます。

その後も次の資格取得に挑戦し、自己のスキルアップを図ります。沢山の人と接する機会があり、「人が好き」だという人にとって、コミュニケーション能力を最大限に活かせる職場です。

学生の皆様から質問が多い項目については、「よくあるご質問」をご確認ください。

経営ビジョン(短~中期的に)

私たちは、「通学が楽しい、お客様が紹介したくなる自動車学校」を目指しております。

お客様から歓迎される施設づくりを目指さなければなりません。それと同時に、お客様の僅か数ヶ月の教習所生活のなかでのお一人おひとりとのつながりを大切にし、ふれあいを通じ、思い思いの時間で素敵な教習所通学ライフ(体験)を楽しんで頂けるよう、創意工夫しお手伝いします。

経営ビジョン(短~中期)に込めた思い。

「通学が楽しい、お客様が紹介したくなる自動車学校」を創る

私たちの夢は、「通学が楽しい、お客様が紹介したくなる自動車学校」を創ること、
それは日本でいちばんお客様から喜ばれる数の多い自動車学校になることです。

  1. 私たちの夢は、お客様に運転技術、知識を売る前に、経営理念と一人ひとりの人間性を伝わるように伝え、日本から交通事故、労働災害が少しでも減るようにすることで、誰もが安全に過ごせるお手伝いをすることです。
  2. 私たちの夢は、全従業員が経営理念のもとに、価値観を共有し、使命感を持ちながら仕事をして、会社も社員もお客様の安全運転、安全荷役のモデルになることです。
  3. 私たちの夢は、お客様の通学が楽しくなるように、絶えず改善を行い、変化を恐れず常に最適進化を続けることです。

お客様の僅か数ヶ月の教習所生活のなかでのお一人お一人とのつながりを大切にし、ふれあいを通じ、思い思いの時間で教習所ライフ(体験・経験)を楽しんで頂けるように創意工夫いたします。

創意工夫で日本いちばんの自動車学校にします。「いちばん」とは「いちばんお客様に喜ばれる自動車学校」ということです。決していちばん儲けるということではありません。ただ、お客様に喜ばれる教習所ライフ(体験・経験)、サービスを提供することに専心します。

社長近影

株式会社 北部日本自動車学校
公認 北部日本自動車学校
公認 東亜自動車学校
福島県労働局長登録教習機関
北部日本建設機械講習所

代表取締役社長 野田 卓男


社会活動

(一社)全日本指定自動車教習所協会連合会

  • 第12次長期ビジョン研究会 第1班(東日本担当)副幹事長
  • 第13次長期ビジョン研究会 幹事長